おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

あいさつ回りの準備をしました

f:id:gmor:20210612211155j:image

マイホ建設予定地
隠すなら見せるなって話だけど見せたいんよw

来週から本格的に工事が始まるので、明日は母を連れてご近所さんに挨拶まわりをしようと思います。もとは母の生家だったので、近隣に同級生や長年の顔見知りが住んでいたりと、まあまあ地元のフレンドリーな感じでやらせてもらえるので気が楽です。「どこの誰が住むかと不安だったけど、○○さんの息子さんなら知ってる人で良かったわ〜」的な反応もあってちょっと安心してます。本来は僕ら夫婦が率先してガンガン関係づくりしていくべきなのですが、いかんせんそういうのがちょっと苦手で、いまのアパートに住むときも「ご近所付き合いしないのが現代都市流の暮らしだろ!」と都市部でもないのに自分たちに言い聞かせていましたが、さすがに今回は、ずっと住むかもしれないんで、ちゃんとやっておくべきだな〜と。母は饒舌で誰とでも仲良くならずにはいられないコミュ力のおばけなので、すごく心強いです。いくつになっても頼ってしまうな〜w

挨拶時の粗品として洗剤・タオル等を用意する必要があったのですが、今日は僕は仕事だったので、休日の妻が買いに行ってくれました。十数個の重い荷物、手間だったろうに嫌な顔ひとつせず準備してくれた妻に感謝です。中身は安い日用品ですが、1個1個サービスカウンターでのし紙に包んでもらうとそれっぽく見えます。家を建てることを始め、もろもろの大小の手続きについても、一人じゃ絶対に行動できず、できなかったことなので、周囲の人に感謝です。自分の無力を痛感してこそ、周りの人に助けられながら生きているんだな〜とあらためて実感した日でした。