おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

なにが面白いモーニングルーティン、無意識的行動の意識化


6:30 に設定したアラームの前後に起きる。洗面所でマウスピース外してうがいして、鏡のなかの自分に「今日はどうなんだ?やれそうか?」と心で語りかけながら、鼻の頭の毛穴の汚れぐあいを見る。

朝食を用意するためにキッチンへ向かう。ダイニングテーブルの影で寝ている細君が――うちではテレビ前でごろ寝する快楽を追求するあまりにリビングに布団を敷いて寝ている。キッチン⇔冷蔵庫⇔ダイニングテーブル⇔布団⇔テレビ、縦移動で寝食が完結するこれ以上ない怠け者の動線だ――起きているかどうか机の下から覗いて確認する。たいてい寝ているが、起きてスマホで漫画を読んでいるときがあるので、そのときは「おはよ。早起きさんやね」と声をかける。

100均で買ったシリアル専用の深底プラスチック容器をとり、カルビーのフルグラ、業スーで1キロ買いしたきな粉、ダイエーで買った牛乳に、気分によってハワイアンホーストのチョコソースをかけたものを持って自分の作業デスクが置いてある寝室へ向かう。牛乳を入れた直後のフルグラでまた銀歯が取れたり歯が欠けると怖いので、ふやけるのを待つ10分間に、すこしでも朝活的に前向きなこと、将来のことを考えたり、知識を吸収するために本を読んだり、ブログを書くつもりでいるが、たいていYouTubeをみて朝の貴重なひとり時間をついえてしまう。

7:00 細君のアラームが鳴る。鳴る前後でリビングへ戻り布団に入る。
7:15 細君のスマホ2回目のアラーム。ここからまた寝たり起きたり、目をつむりながら夢うつつの会話をする。よく「人に殺される夢をみた」と聞かされる。
7:35 僕の二度寝用アラームが鳴る。これが最終で、ここからはアラームなしで目をつむる命綱なしのチャレンジとなる。もう行かないと、という状況における5分10分の二度寝ほど凝縮された甘みはない。
7:45 仕事用に買ったユニクロの黒のジョガーパンツ、会社支給のメッシュ素材の紺Tシャツに着替える。かばんは三重県ジャズドリーム長島で閉店間際に買った「VISION STREET WEAR」と書かれた紺色のメッセンジャーバッグ、中身は財布とスマホとボールペンのみ。かばんを持つ必要がないが、ないと変な人と思われるんじゃないか?と不安になるので持ち歩いている。ここで細君から飲み物代として100円の小遣いがもらえる日が3日に1回位ある。
7:50 家を出る。チャリで職場に向かう。東に走るので朝陽がまぶしい。家を出る前はあれほど嫌だったが、太陽に向かってチャリを漕ぎ出すと、「よし今日も頑張るか」という気になる。毎日この時間になると、家の前の駐車場に停まった赤いRV車から、弁当サイズのトートバッグを提げた私服姿の中年女性が降りてきて、同じ方向へ歩き出す。近くのスーパーか介護施設で働いている人だろうか?それとも夜勤明けで帰ってきたのか? いつも彼女を追い越しながら、お互いに相手の背中しか知らない関係を面白く思う。
7:55 タイムカード打刻。1日が始まる。あるいは終わる。