おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

かき氷はじめました

 

f:id:gmor:20210518221355j:image

薬中のようにスーパーカップのバニラを1日1カップむさぼる生活に別れを告げた。さすがに寝る前に300kcal超えのスイーツを毎日食べると今は大丈夫でも数年後、十年後には立派な病気になっちゃうんじゃないの?という恐怖がまた最高の甘味料にはなるものの、日々のアイス代もバカにならず、1日働いたあとのご褒美アイスのために日銭を稼いでいるような、カップカップでも競馬場にいるカップ酒をあおるおっちゃんと同列の生き方をしているような気がする。カロリーを気にするなら、コンビニ、スーパーで氷菓を買うという発想になるが「ただの氷だぜ?」と思うと、そんなものに100円150円払うのは負けた気がするので、どうせならと乳脂肪分の高いアイスを買ってしまう。罪なほどにうまい。

 

 

f:id:gmor:20210518221430j:image

一昨年買って1回しか使わなかったかき氷機が毎日大車輪の活躍をみせる。

5000円位したのに、1回目の氷を作る面倒、器具を取り出す面倒、使ったあとの製氷機の掃除、ドリル部分の清掃、機械のなかを洗う面倒、飛沫を拭く面倒、最後に元の箱へしまう面倒…たかがかき氷を作るために、ここまでまどろっこしい手続きを踏まねばならんのか!と氷も溶けるほど激昂し、夫婦間でもこのかき氷機をめぐっては、もう触れてはならぬ問題として押入れに片付けられていたのだが…最近これこそフルーツジュースを買って自作すれば、毎日アイスを買わなくても済むし、経済的で健康的じゃないか?と思い至る。

 

 


f:id:gmor:20210518221434j:image

トロピカーナのマンゴーミックスを凍らせたもの。

 


f:id:gmor:20210518221438j:image

トレーから氷を取り出すのには、コツがいる。

初日はスプーン、フォークで小突きながら5分格闘したものが、今では素手で1分あれば落とせるようになった。こんなところにも学習と効率化があるのだから、人間ってすごいものだ。

 


f:id:gmor:20210518221427j:image
f:id:gmor:20210518221423j:image

「ふわふわとろ雪かき氷器」という商品名のわりに、ふわふわした氷になりにくい。刃の微調整が難しい。僕らのテクニックではまだジャリジャリドロ雪かき氷だ。

 

 


f:id:gmor:20210518221419j:image
f:id:gmor:20210518221442j:image
GAG福井のひくねとチャンネル風にいえば「旨旨旨」だ。

いままで試した味は、パイン、白桃ミックス、マンゴーミックス、メロンミックス。なかでもおいしいのはマンゴーだ。パインは酸っぱいだけでかき氷にすると合わなかった。フルーツジュースど定番のオレンジを試さないのは、パインと同じように酸っぱいだけで終わってしまいそうだからだ。

フルーツ以外にも野菜ジュースなんか試したらおもしろいかもしれない。カルピスその他いかにもかき氷にしてうまそうなジュースは、甘すぎると思って避けている。豆乳系とかコーヒー牛乳をかき氷にしたらどうなるんだろう。夢がひろがる。