おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

ドライフルーツなしの怪

 

家の外構工事。かなり大きい荷物も入る宅配ボックスつきの機能門柱が30万と聞いて青ざめる。ただでさえ地盤補強の工事で当初の想定70万円から最低でもプラス30万円は確実なのに、ここで門柱つけるためにまた30万。

家づくりを通して、街なかの家の玄関ドアとか表札インターホンを見るようになったけど、宅配ボックスつきの門柱ってそんなにすんのな! もうボックスなんて置かずに、配達がくると分かったら意地でも家にいて受け取ってやる!と思うが、細君はデカいボックスつきの門柱がお気に入りみたいだ。今の賃貸アパートにもあるガスメーターボックスがいかに天然の宅配ボックスとして優れているか思い知る。いろんな追加仕様、コンセントを足したり、人感センサーライトをつけたり、カップボードをキッチンのメーカーと合わせたり、棚を作ったり、アクセントクロスを貼ったり、風呂の扉にオプションのタオル掛けをつけたり…もろもろ含めて予算2500万以内にギリ収まるか、といったところでまさかの宅配ボックスつき機能門柱30万。何度もいうけどあれ30万もすんのかよ。Amazonで調べたら、リクシルのわりとおしゃれな宅配ボックスが、3万程度で買える。門柱と一体型にする経済的なメリットがほとんど感じられないので、別にしようかな〜。

 

毎日3食中2食がグラノーラだ。「ジャパン」は近畿でしか許されないダサいドラッグストアで、2頭身くらいのアクの強いおじさんがマスコットキャラの、「信頼の さわやか ジャパン」とタイポグラフィのセンスが絶望的な看板を掲げた、ヤンキーが集まるにはかっこ悪すぎるドン・キホーテみたいな店なのだが、そこで新しい味のグラノーラをみた。

 

f:id:gmor:20210514191430j:image今までみたグラノーラでグラムあたりの値段は最安だ。
それに梨のグラノーラだ!

 


f:id:gmor:20210514191426j:image

へえ梨が入ってるから白っぽいんだな〜

とテンション上がってカゴに入れると、妻が
「なしだよ? いいの?」と訊く。
「なし好きだから」
「じゃあいいけど」と腑に落ちない様子だった。

 


f:id:gmor:20210514191423j:image

それもそのはず、ドライフルーツ抜きなのである。

「ドライフルーツなし」のなしを梨だと思ったのだが、無しのほうだった。だから安いのだ。

フルグラのかぼちゃの種、小判型のツヤツヤした黄緑色のやつが、カメムシの背中にしか見えず、ポロッと陰から出てきたり、牛乳から浮き出てくると、ゲッと食欲が失せる。食べ進めると、パパイヤが5,6個連続するときもあれば、このカメムシが5,6個連続するときも当然あるわけで、いっそフルーツに惑わされるよりは、ないほうがいいのかもしれない。それに栄養価も大して変わらないんだったら、ドライフルーツ入ってる意味どこにあんねん、と思いもするのであった。