おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

ガリガリ君チョコミント、うまいがリピはなし

 

f:id:gmor:20210509175155j:image
f:id:gmor:20210509175150j:image

ガリガリ君チョコミント買いました。

チョコミントといえばスーパーカップでネットリ系のイメージしかなかったけど、ミントの爽快感と氷の軽さの組み合わせで氷菓のほうがさっぱりして合う! でもこれはガリガリ君リッチで140円。今回は半額クーポンがあったから買ったけど、値段を考えるとリピはなしかなー。

食べたとこの断面図が苦手って人がいて、妻もそうなんだけど、食べかけのハンバーガーのグジュグジュの断面が画面に映ると目をそらしたくなるらしい。僕は別に不快感はないけど、ある旅行系のYouTuberで、そんなに有名でもバズってもいない素人っぽい20代女子旅みたいな人が、福岡でとあるパン屋のたらこコッペパンを食べてみせてくれた。その断面図が、パンの白い膨らみのあいだ、縦筋の割れ目にピンク色のたらこがぎっしり詰まっていて、おまけに上にはチリチリの毛みたいな刻み海苔が載っていて、女性器そのものだった。思わず「卑猥だな…」と言うと、妻が「もうそういう風にしか見えない」と困った顔をしていた。食べ物の断面図はうかつに見せるものじゃない。

去年スーパーカップでチョコミント修行したからチョコミントがいけるようになった。たまに職場の人がアイスを買ってきてくれるのだが、そこになぜか毎回チョコミントがある。不人気なので、アイス争奪戦では、「誰も食べないならもう1個いただいちゃうよ?」とがぜん優位に立てる。面接で苦手を克服したエピソードを教えてくれと言われて困ったときには、この話を語ってくれ。

 


桃鉄買ってもらいました

f:id:gmor:20210509175158j:image

31アイスクリーム食べながら桃鉄
小学生の夏休みかよ。

Switch買ったけど、ソフトはマリカースマブラだけで、数回しか遊ばずにタンスにしまってた。妻がずっと「桃鉄やりたい」と言うのだが、僕は小学生の頃から桃鉄の何が楽しいかまったく理解できずにいたので、首を縦に振らなかった。これは勝負なのである。僕が金を出すのか、妻が出すのか。夫婦の財布はほぼ一緒で、わずかの小遣いをかけて駆け引きをするのだ。僕は桃鉄おもしろいと思ったことないと言い続け、とうとう妻から「わたしが払うからやろー」と提案を受けて、買ってもらうことに。

ボンビーにお金とられたりカード捨てられたり、バーチャルなお金の増えた減ったで感情が揺さぶられるのが不思議だ。相手に嫌なことをする選択もできるので、まじにやったらケンカになりそうなゲーム。いまいちおもしろさが分からん。これってほぼ運ゲーじゃないの? そもそも毎回サイコロを振って出た目だけ駅を進むってのが腹立つ。すごろくじゃなくて目的地まで車で走るってゲームになんないすか。