おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

業界用語「メシアゲ」とは


どこにでも業界用語がある。符丁がある。ゴミ回収業で「ドロクボ」といったら水を含んで重くなったゴミ袋のことだし、スーパーで「やっちゃか」といえば、値引きシールを張り替える行為を指す。水商売で「げなん」と称すのは金のない客で、時計を現金で買いたがる客は、「un éternuement(アネテルニュモン)」(フランス語のくしゃみ)とブティックで呼ばれる。これらは当然にいま思いついたでまかせだが、ようするにどんな組織であれ、部外者には杳と知れない独自の言語圏を形成するものだ。

クリーニング業界に身をおいて正味2ヵ月を過ぎたところで、前々から耳にしていた奇妙な言葉「メシアゲ」の内実をついに掴むことができた。「これはメシアゲでいける」「所長のメシアゲはうまい」「忙しくなってきたら、メシアゲが効力を発揮する」という実例から、洗濯した衣服をスチームアイロンで仕上げる作業のうち、なにか特別な器具装置をつかって、熟練の技で、手早く、服のしわをとり、縮みを伸ばして、きれいにすることだと思っていた。なるほど事業所に高らかと掲げられた所長の「クリーニング師」の資格免状は、ここに実体を伴うわけだ。ところが実際の「メシアゲ」の場面に居合わせると、ハンガーにかかった服の型を整えたり、目立つホコリを取り除いたりするだけで、一切手をつけない。メシアゲとは、あえて仕上げる必要のないきれいなニットやダウンジャケットを、目ぢからで仕上げること(つまり仕上げたことにすること)、であった。しなくていいことをしないのは、利潤を追求する経済活動からいって正当である。僕はこれを省力・省時間のビジネス的視点から褒めたいのでなくて、何もしないのを目でもって仕上げている、と読み替えるおしゃれさに惹かれる。メシアゲの場面では、目から出る光線に防虫効果がある、ダメだ目が疲れてきた、等の冗談が発せられる。今後もおもしろい言葉を発見次第、報告していこう。

この記事は推敲なしの目仕上げで出荷しています。