おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

春の最新ファッションアイテムをご紹介

 

生まれ変わったらフクロウになりたいな。
服だけに。

どうも、ごきげんファッション通信「おならっぷばーん」でおなじみ、ファッションブロガーのMichioです。御堂筋のセレクトショップでは客をしています。

近日中に「人は見た目が10割。服にこだわって中身のない人間になろう」「犬に服を着せるヤツは犬の毛皮を着やがれ」「デキる男はパンツがくさい」をnoteで配信予定です(ほんとに書いたら買ってくれる?)。

 

・・・

きょうはイチオシアイテムのご紹介です。

 

 

f:id:gmor:20190329154329j:image

GUのFanta Tシャツです。

安さが決め手です。胸のプリントが「¥790+税」でも買いました。ファンタは年1回も飲みません。

何がいやで広告塔になるのでしょうか。Amazonリンクでも、なんで人の商品を宣伝しなくちゃならないのか。自分の制作物を自分で宣伝して売ったほうが、よくないですか。そんなに好きなら、Tシャツにして着ればいいと思います。

 

 

f:id:gmor:20190329092615p:plain

 

 

f:id:gmor:20190329093019p:plain

遠目にはブランドTシャツですね。

 

 

 

もう1点は、

 

f:id:gmor:20190329065418j:image

AVIREXのキャップです。

こちらは4,000円でした。この帽子が、僕のバイト4時間ぶんの労働力の結晶と等価なわけです。そこまでして欲しかったのは、最近頼りなくなった生え際を隠したいから。それと、COMMANDの文字です。映画『コマンドー』好きを公言している手前、コマンドと書かれたものは買わざるをえません。最近ではルマンドさえ買ってしまいます。

AVIREXはミリタリーウエアブランドですが、僕は軍モノが好きだからこそ近づかないようにしています。小学生時代、まじで『コマンドー』に感化された僕は、家にある迷彩服と緑色の服を組み合わせて、父に釣りベストを借り、腰にエアガンを差し、頭に白タオルを巻いて、ランボーのような格好で外へ出、丘を匍匐前進したり、繁みに隠れておばあさんの背中へ照準を合わせたりして遊んでいました。地面へ寝そべって、口まねで銃を「バンバン」撃っているところへ、同級生のお姉ちゃんが通りがかり、秘密工作をすべて見られてしまいました。千切れたイモムシを見るような目でした。僕は恥ずかしくてたまらなくなり、それから銃を捨てたのです。敵は悪の帝国ではなく女の目線でした。あれが同級生の男だったら、むしろ恰好いいだろうと自慢していたくらいです。今もミリタリーオタクをやっていたかもしれない。まなみちゃんが、僕の自意識を目覚めさせたのです。ファッションは自己表現と言いますが、自意識の表現なんですね。

以来、ファッションという制度が人間を束縛する囚人服そのものだということを主張するために、何も身に着けずに街を歩くことにしています。制服姿の大人にとり囲まれると厄介なので、最近では肌色の全身タイツを着用しています。

僕はブログを通して、読者に「きっと服を着ないほうがいいんだ」と気付いてもらい、ぜひ裸になって街を歩いてもらいたいんです。そうですね、それが僕の、ファッションブロガーとしての使命ですかね。