おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

足元にNが揃えば人生は、んの先にあることば以上の。

f:id:gmor:20181125191311j:image

街で目にする英文字はMとN。マクドナルドとニューバランスだ。男も女も風呂場でiを、鏡に映してXまで。上司の眉間にTを、パンの留め具にMを、荷車を押す老婆にKを、肥満児にBを、預金残高にOを、西洋人の顔にLを、軽自動車にSを、メンヘラの舌にWを、そよかぜにfを、バナジウムにVを、浴槽の温かい水と冷たい水をかき混ぜるときの感じにSを、駐車場にPを、夕陽にたそがれる失恋の青年にtを見る。

どいつもこいつも示し合わせたようにNを履く。ブームにさらわれるまま、無批判に、無思考に、Nで歩き、Nで駆け、Nで昇り、道中恐れなしかなと威張っている。雑誌は、無名モデルのおしゃライフを見せる。作為に満ちたテーブル、スツール、観葉植物、作為に満ちた立ち姿、笑顔、ポケットに包む手、作為に満ちたウールのブルゾン、縦じまのジョガーパンツ、足もとのN。紙面が提供する不自然きわまりない自然、不自由おくびにも出さぬ自由、不格好いまやすぐそこの恰好を真に受けて、芸能人と同じ装飾するように、調子のいい生活の偶像をそのまま自分たちの実人生に再現しようという輩が、その会員証として高らかに掲示する、N。スティーブ・ジョブズが体現した高潔、合理、革新のイメージを、歩くたびに収獲するNポイントカード。そんなものに肉の移動を任せるくらいなら、剥きだしの甲にマジックでKOOと書いて街の鳥フンやゲロの上にbやdの足跡を残したい。

月収10万ないフリーターが2万の靴を履けるだろうか。コースターの身長制限に引っかかった園児は言う。「こんなものカイヨワの指摘した遊びの特徴『めまい』の機械的再現に過ぎないよ。ママが胸もとに子を抱いてあやす揺動、パパのタカイタカイの浮遊感、そんな幼児期の、無知で、非文化的な悦びを反芻する、大きな子ども向けの醜悪なおしゃぶりなのさ」。なまけ癖ゆえに合格を逃した浪人生が「学歴なんか関係ねえ。俺は好きなことで生きていく。昼寝で億稼ぐ」と言うようなものである。僕はブラックフライデー(すくい忘れた揚げ物の日)のセールで3,000円のN(MW265)を買い、履き、歩き、もうこの先Nでしか出歩かないと決めた。

 

 

 

f:id:gmor:20181125191340j:image

どこにいても毛足の長いじゅうたんを裸足で歩くようだ。あまりの快適さに履いているのを忘れる。もう履かなくてもいいくらいだ。軽くて空気にも浮くので、玄関の置き場に困らない。おや、あなたもNの会員ですか、と街なかでそれとなく結社の仲間と目配せするのもよい。一番の驚きは本屋でいくら立ち読みしても足が疲れないことだ。立ち読み専用の靴として書店で売ればいいのに、と思う。

 

 

 

f:id:gmor:20181125191330j:image

遠目には地下足袋だ。街にぽつんと植木職人だ。初心者向けのNは、Nであることすら主張させてもらえないのか。O脚にN。Sサイズの人間性にN。E判定の志望校にN。N字開脚のM。N字カミソリのT。TシャツにN。GパンにN。NTTのN。NHKのN。Q場しのぎのN。QQ車のN。やむをNのN。理想のNにはまだ遠い。ああ悲し、遥けかりけるアルファベティカル。