おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

占いを頼るしかない

 

どうも、ミチオ・キララムカイです。

書店へ行っても、これは、と思う本に出会いません。理想の相手を見つけるために婚活サービスを使う未婚者のように、大手の書評サイト、個人ブログ、書店のツイートをチェックしますが、こちらのいびつな心の、ひねた興味のかたちにしっくり組み合ってくれる本は出てきません。条件が厳しすぎるのかしら、と妥協して再検索すると、掴むのはやはり駄本ばかり。ついこの間まで「私たちの運命の糸は切れちゃったのよ」と冗談言い合っていたエリコでさえ、今では素敵な本といい関係だって言うじゃない。もう、いやになっちゃうわ。こうなったら占いにでも、頼るしかないみたいね……

 

f:id:gmor:20170916144116j:image

星占いで本を紹介するコーナーがあった。
いて座なのでいて座をみる。(ほかの星座の人ごめんなさい。なんでこういうとき、全体を撮らないかなー。僕をみかけたら手頃な石をぶつけてください。)

 

f:id:gmor:20170916144118j:image

うっ、ビミョーだ。

どうせ読むなら、自分と正反対の人間の書いたものが、おもしろいはず。ここで最も反発力を感じるのは、ナオト・インティライミだ。目に見えて陽気な人柄、前向き思考、すべての人間を同胞ととらえる社交性、心に訴える歌、歌声。インティライミは「太陽の祭り」を意味するケチュア語だそうだが、それでいくと僕は「月の労働」すなわち、ミチオ・キララムカイ(killa llamk'ay)である。音楽会の練習で「お前だけ音程がズレている」と注意され、当日ひとりだけ握ってふるわす小ぶりなすずを持たされた人間とは、生まれた銀河が別なのだ。

 

f:id:gmor:20170916144120j:image

買う。

文庫で500ページ。好きな作家の紀行だって、4枚切り食パンの厚さでは読む気が失せるのに、文豪でもない一般人の旅日記ともなると、まさに苦行の旅である。「千里の道も一歩から」に代表される努力礼賛、ひたむき、地道の修行修練、同じ字をひたすら書き写す漢字ドリル式の進行が大嫌いな僕は、当然この本も(まじめに)読んでいない。

”「地球」というものを感じたい”

ナオトはそう言って旅に出る。男と生まれたからには、そんなスケールで生きてみたいものだ。僕は「自分」を感じるだけで精一杯である。自分の体調はどうだ。心情はどうだ。自分は何者で、何を欲し、何を為すべきか。存在の意味は、意義は、目的は。確証の出土を求めて、荒れ地にスコップを入れる毎日だ。無為の労働が拷問となるように、色の悪い疲労がどろどろ溜まっていく。

いい記事は足で書くと言う。「自分」のミクロコスモスから出ようとせず、バイト先とパチンコ屋を往復するだけのミニマムスケールの男が、自室の机上で手ばかり動かして書き上げたこんな記事を読むより、ナオトの本を読んだほうがいい。

ただ煽るわけじゃないが、28ヵ国も巡れば、俺のほうがおもしろいものを書く自信がある。じゃあやってみろ、と言われたら、金が、時間が、パスポートが、家の枕じゃないと寝れないし、汚い食器で飯を食うのもご免、重い荷物を持って歩きたくない、ウォシュレットがないとダメ、朝は温かいコーヒーとチョコレートで目覚めたい、とぶつくさ言い訳を並べるしかないのだが。20代のうちに金貯めて日本一周でもすっかな。いや、まずは大阪一周から。いや、町内一周から……。