おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

自転車にまつわる苦労話


・アマプラセールにて

f:id:gmor:20201016190424j:image

神々しい6000gの文字

 

f:id:gmor:20201016190452j:image

グラノーラ6袋を買いました(4,414円)

 

ここ1年くらいずっと朝昼グラノーラ生活だけど、健康診断は異常なかった。あの五角形のパラメータは信じていいんだよね? LenovoChromebookが18,000円代で出てたの、すごく欲しくなって、ギリギリまで悩んで買わなかった。コストコで25,000円で買ったAcerのC732使ってて、同じ機能のやつは2台もいらないんだけど、自分の持ってるやつより安いし、画面も容量も大きいし、なんか負けた気がしてたまらなかった。別に2台あってもいいと思うけど、我慢した自分えらい。2万円の買い物に汲々とする自分つらい。

 


仕入れ業者としてのブックオフ

メルカリを始めて2冊売れたことに調子乗って、せどりの真似ごとでもしようとブックオフへ行った。これは売れるんじゃないか?と思うような本、たとえば金持ちになる方法とか、よく名前を聞いたひと昔前のベストセラーとか、ことごとく大量に出品されていて値崩れして一銭の儲けにもならない。背表紙の一瞥で読みたい本はすぐに選べるが、売れやすい本となると、すべてが高値で売れる本に見えてきて、目星をつけることの難しいこと難しいこと。よこしまな気持ちで本と向き合うのは悲しかったよ。

 

・自転車

ハイエース、ピザ屋のバイクと2度も追突された呪われたチャリに関して記事を書いた。追突はすべて前輪なのに、なぜか後輪のリムがぐにゃぐにゃに曲がっていることに最近になって気付いた。いまこれを直そうと日々格闘している。

まずは楽天で後輪リムを買った。タイヤ・チューブつきの完成品で3,500円。むかし自転車をイジっていた腕に覚えあり、という親父といっしょに交換を試みたが、そもそもブレーキの形状が異なっていて装着すらできなかった。へー、ママチャリのブレーキにも種類があるんだ、僕のはローラーブレーキで、カムとローラーの動きを通してブレーキシューをドラムに押しつけて制動するタイプだったが、買ったリムはバンドブレーキという、回転軸に分厚いスルメみたいなのをギュッと巻いて制動するタイプだった。改チャリに目覚めた中学生ならいざ知らず、30歳になってママチャリのブレーキの仕組みを知るとは。授業料3,000円なら安いものだ!と思いたいが、組み直す際に「自転車なら俺に任せておけ」と豪語した親父が、後輪ブレーキのワイヤを締めすぎて、ボルトの固定具をナメさせたあげく、ワイヤを破断させてしまった。ほうほうこれは大層腕の立つメカニックのお仕事だ! おかげで修理パーツをもう2つ、ワイヤとブレーキユニットを追加注文するはめになった。リムも再注文しなきゃで、結局新しい自転車が買えるほど修理代に費やしている。でも、親父といっしょにバイクとか自転車とか直すのってすげーいい思い出だと思うんだよ。あと何回こういう機会が持てるのか…と思うようになってしまっただよ。

ママチャリの整備、というか自転車イジるの楽しすぎて、「自転車屋 開業」なんかでググる始末だよ。チャリ直すのに特別な資格はいらないんだって。なんかバイクと違って、複雑な内燃機関とかなくて、ぜんぶ目の前に見える機械的な動作、すべて自分の手で動きを確かめられるエレガントなシンプルさが好きなんだ。自転車って、iPhoneより全然大発明だと思うけど、無印良品より全きシンプルイズベストの美学を打ち出してると思うけど。もっと評価されるべきだわ。

ルーンショット

 

フォトウェディングとかいうやつの衣装合わせに行ってきました。式を挙げる金もないし、状況でもないので、せめて新婚のうちに写真を撮っておこうという魂胆らしいです。他人事なのは、予約からコース選びから日取りから何から、ぜんぶ細君が決めたことで、なにも知らないまま、知らない場所へ、採寸のために体を借り出された商売女の気持ちだからです。「あなたに何言っても、撮りたくないって言うから」。さすが鋭いですね、僕は写真が好きじゃないんです。観光地をバックに整列してカメラを見る、あのジッとする数秒が永遠の退屈に感じます。そう、写真とは退屈の凝結なのです。

 

 

f:id:gmor:20201011222030j:image

新郎さまはこちらにおかけください、と言われました。どうして椅子を指定されるのか不思議でしたが、新婦の着替えが見えないように部屋の中央からカーテンを引くためだったんですね。入浴の準備でパンツやタオルを取るために、部屋をおいど丸出しで歩き回る新婦さまの姿をふだん目にしている僕からすれば、いまさらなにを隠すことがあるのか、と手続きのまどろっこしさに憤ってしまいますが、これが男女の神聖な儀式に底流する奥ゆかしさというものでしょう。

 

 

f:id:gmor:20201011222042j:image

この空間が僕の世界です。

 

 

 

f:id:gmor:20201011222051j:image

こんなところで本を紹介するのは恐縮ですが、この『ルーンショット』は最近読んだ本のなかでは断トツにおもしろいです。

敵機敵艦を見つけるレーダー機器は、軍に採用される数十年前にはすでに発見されていたのに、なぜ「バカげたアイデアだ」と見過ごされてきたのか。実効的な治療薬はなぜ無視されるのか。ポラロイドカメラは優れた化学的成果であり、商業的にも大成功したにもかかわらず、なぜポラロイド社は破綻したのか。どうして世界最大の航空会社パンナムは衰退し、後手のアメリカン航空は生き残ったのか。ルーンショットとフランチャイズ動的平衡、変なアイデアとその普及拡大が、氷と水の相転移(0℃の状況では、水のまわりで氷は溶け、氷のまわりで水が凍っていき、全体のバランスがとれる)の例えを用いて、発明家が独走しても、営業マンが気張りすぎても、事業は破滅に向かうよ?ってことをなんとなくわかった気にさせてくれる本です。

人間生活にも両面いりますよね。僕にとっちゃ、フォトウェディングとやらは水であり、布団に丸まって読む詩集に哲学書が氷なわけです。やがて水は氷に、氷は水に。写真を撮るだけでトータル15万。僕はもう沸騰しそうです。