おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

せどりの才能があるかも?

 

古本市場でなんとはなしに手にとった『葬儀入門』(500円)みたいな本を、試しにメルカリで調べると、4,000円前後で取引されているものだと知って、これはしめたものだ!と早速購入した。万が一売れなくても、もとから自分が読みたい本だし…と不良在庫を抱えることを読書好きという自己キャラで正当化して。

味をしめて「もっと金になる本はないか」とじろじろ好色な目線をそそぐ。無自覚な少女の生足にくれる目線で棚をあさる。いかにも売れそうな本ほど大量出品で値崩れを起こし、ほとんど二束三文で取引されているのが判ってくる。僕が思う「いかにも売れそうな本」とは、自己啓発的&お金が儲かる的キャッチーでクリックベイトなタイトルに、シンプルでおしゃれな装丁デザインのもの。要するに情弱がころっと騙されて買いそうな本のことだw「自分が読みたい本」ではなく、「人が読みたいだろう、売れそうな本」を探すと、ことごとく失敗する。欲に目がくらむとはまさにこのことだ。

結局500円で買った本は、その日に3,500円で売れた。とりあえず出品して、売れるまでに読み進めればいいかと思っていたのが、10ページも読まないうちに売れてしまい、中身は「霊柩車 登場の歴史」の箇所で中断せざるを得ず、なんとも嬉しい悲鳴であった。

自分が読みたいと思って買った本が、意外と高い値段で取引されていることがよくある。あれ?もしかして俺って本を見る目というか、せどりの才能あるんじゃないの?とうぬぼれたくもなる。月曜日のブックオフにいるプロみたいに、バーコードリーダーで千冊の本を機械的に処理して大量入荷するのではなく、たまたま手にした1冊の本が高く売れたのだから、そう思いたくもなる。

せどりで生活費を稼ぐ夢をみて、YouTubeに参考動画をあたってみると、自称プロの実演、ツール解説、日常ルーティン系の動画がうようよ出てくる。物販ビジネスといえば聞こえはいいが、やっていることは転売だ。複雑な流通システムからごく自然に生み出される差、巨大リテールが一斉的にハンドラベラーで貼り付けた値札の硬直性と、リアルタイムに変動する実勢の取引価格とのわずかなブレやズレをすくい集めるアービトラージ。バイヤーにとって本の中身は関係ない。タイトルも見ずに、裏のバーコードだけを読みとって選別していく。本が好きで本を扱っているのではない。価格差の抜けるものなら、小石でも何でもいいのである。リアルな利益をともなう仕事として成立させるなら、それが合理的でもっともな方法だ。

仕入れるぞ!」というスタンスでのぞむ古本屋めぐりでは、結局自分の読みたい本が1冊も見つからずに終わってしまう。せどりはあくまで読書という趣味の延長で続けていくのがいいなと思いました。まる。

派遣する側される側の違い

 

今でも実家近くのハロワを通ると、前に書いた自動車組立期間工の勧誘のお兄さんが、寒空のなか、銀色のベンチコートを着て、歩道の手すりに腰かけて手を合わせて縮こまっている姿を見る。

「工場で働かないっすか?」と声をかけられたとき、本音を言うなら「派遣される側ではなく、あなたのように派遣する側として働くにはどうすればいいですか?」と聞きたかった。宗教の勧誘でも、別に宗派とか教義とは救済の内容は何だっていいけど、入ったあと教団内で給与が出るポジションに就くにはどのくらいかかりますか?と尋ねたくなる。

ずっと前に梅田の雑居ビルで登録した派遣会社から、お仕事紹介メールがいまだに届き続ける。
「高時給!茨木の物流倉庫で荷物仕分けのお仕事です」
「急募・引っ越しの補助業務」
「大手ECサイトの工場で梱包・出荷のお手伝い」
といったものだ。

派遣会社には、説明会と面談のたった2回しか訪問しなかった。所内は凄惨を極めていた。日払い・週払い賃金の支払いを求めるホームレス然とした中年男たちが、歯医者で治療を待つ患者のように暗い顔をして座っている。

所内で働くのは3人。2人の事務員、1人の社員だ。2人の事務員は髪を一つ結びにした無個性なアラサーOLで、ひとりはオフィスデスクの一番下の深型のひきだしを開けっ放しにして、そこから労働者に支給する給与を1枚ずつ、1円ずつ、指サックをはめた手で抜き出し、延々と数える作業に従事している。もうひとりは、患者を呼び出して本人確認する受付係だ。そう、ここは金の欠乏という病気にたいして、その場しのぎの薬を施す現代的なクリニックであった。

唯一の医者らしい紺スーツの男が、面談予定時刻を10分遅れてやってくる。180cmの身長で、分厚い堂々とした体躯である。連日の激務と睡眠不足を、コーヒーと味の濃いにんにくラーメンでしのいでいるのが丸わかりの赤い眼をしている。

この事務所もほかのあらゆる事業所と同じで、明らかに業務量にたいして人手が足りていない。バイトが2人休んだ外食チェーンのテンパった厨房のようだ。この男にしても、戦場と化した厨房から逃れ、この面談に束の間の休息を見出しているのがわかる。「こんなに忙しいのに店長、また面接だって」とバイトに陰口を叩かれているのが目に浮かぶ。

男は「どんな仕事がご希望ですか…」と手続き上の質問を口にするが、過労で明らかに頭が回っていない。この状態でも倒れず、心が折れずにやれているのは、彼が長年の部活動で理不尽にたいする無神経さを培ったからであろう。この男を見ていると、ストレス耐性があるという点で、経営者が体育会系を採りたがる理由もわかるのであった。

派遣される側だけがブラックな事業所に突っ込まれる弱者ではない。派遣する側の内情も、実は同じくらいか、それ以上にブラックだ…と思い至る。ハロワ前で求職者を探すベンチコートの彼も、ほんとうは自分の仕事を探している失業者かもしれない。