おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

さらば!2017

 

2017年も残すところわずか。

ブロガーの皆さんがこぞって今年最後のまとめ記事をアップしているので、僕も書きたくなりました。というか、ほかにすることがありません。

 

梅田スカイビルの展望台に上がりました。

f:id:gmor:20171231202538j:image

年を追うごとに高所がダメになります。

エレベーターは、多くの商業ビルと同様、直方体の一面がガラス張りになっていると思ったのですが、上昇するとただの壁に見えた残りの三面がみるみる明るくなり、縮むビルや車や人をこれでもかと全面に映し出します。入るときは鉄扉だったドアさえいまや透けて、飛び去る鉄骨のあいだに、白くつぶれて折り重なった家々の結晶を見せています。乗客は口々にすごいと感想をもらしますが、僕はこの高さから落ちたら死ぬ、死ぬということは終わりだ、ひらがなの「ん」だ、排水口のゲップだ、芯を剥がすセロテープだ、と自分の存在が無に帰す恐怖におびえて気分が悪くなり、現在位置を示すちゃちな電光掲示板の光りにわが生の全意味を見い出すのでした。

 

 

 

f:id:gmor:20171231203811j:imagef:id:gmor:20171231202545j:image

上がりきれば平気です。
スカイツリーもそうですが、高すぎると怖いというより、何を見せられているのかよく分からなくなります。

 

 

 

今年最後の買いものは、

f:id:gmor:20171231202554j:image

f:id:gmor:20171231202602j:image

吉本新喜劇のメンバーがプリントされたトートバッグでした。

わしは大阪生まれの大阪育ち、ちゃきちゃきのなにわっ子や。せやけど、そないにこの吉本新喜劇っちゅうのは好きやないねん。小さいときにな、親に連れてってもろたけど、なにがおもろいか分からんから一個も笑わへんかった。親が心配しとったわ。「この子どっか悪いんとちがうか」言うて。アホいいなや。吉本新喜劇かっちゅうねん。

 

2018年もよろしくやで。
なにがよろしくやいう話やけど頼むでほんま。
ほな、おおきに。まいど!
て、君それ吉本新喜劇かっちゅうね〜ん!