おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

最近こんな本買いました

 

寒くなりましたね。
外出しない理由が増えてうれしいです。

 

f:id:gmor:20171208160541j:image

成毛眞は『大人げない大人になれ!』の冒頭で、創造性とは平凡な発想からの逸脱だ、「みなと同じ経験をし、みなと同じ本を読み、みなと同じことしかできない人はお呼びでない」と言う。そのことばに触発されて、新刊文庫や新書、ランキングコーナーを素通りして、ふだんめったに入らない店の奥地で、本を選びました。

 

 

f:id:gmor:20171208160553j:image

 

  • 林道郎『静かに狂う眼差し――現代美術覚書』
    山口昇『ヘンな日本美術史』

 

おなじ美術を語るにしても、林は美術史の教授で、山口は画家である。ならべて読むと、研究者と実作者の鑑賞のしかたが違っていておもしろい。

一方は間主観性ジャック・ラカン唯物論的な自己反省というワードを駆使して、絵をコンセプチュアルに読みとくが、もう一方は筆さばき、絵の具や紙の画材選定など、著者の実体験に即した絵画技法のレベルから作品を掘り下げていく。どっちが好みかと訊かれたらどっちも好きだが、今まで学者先生が書いたアカデミックな評論しか読んでこなかったから、後者がより楽しい。画家といえば岡本太郎の本も何冊か読んだが、すぐに「エネルギーがパァーッ」みたいな説明になっちゃうから、なんか凄いということしか分かりません。

 

 

  • Tropic of Cancer, by Henry Miller

 

Amazonで観た『園子温という生きもの』で、園子温が自宅のキッチンテーブルの書類の山から本書を手にとり、 

f:id:gmor:20171208160322p:plain

f:id:gmor:20171208160330p:plain

「僕のバイブルです」
と紹介するシーンがあったから、買った。

原題"Tropic of Cancer"をみて、ずっと熱帯地方のガンのはなしだと思い、原書がどこにもないと嘆いていた。これで「北回帰線」って意味なのだ。本篇1ページも進まずにタイトルで挫折である。

 

 

 

 

山崎さんのブログで、

論理哲学論考』に挑戦したという記事を読み、俺もいつか読もうと思っていた。古本屋で見つけたが、わけのわからない論理学の記号と式がページ一面に出てきて、これはムリだと悟った。

数ヶ月後、本屋でこの解説書を見つけて、中身がおなじみの日本語で書かれていたので、これなら読めると踏んだのだ。本書冒頭の一節、

この薄い著作を検討するのに三年かかった。石の上でもがまんしていれば何かいいこともあると言い伝えられている年月である。そんなにかかったのかという感想もあるだろうが、よく三年で終わった(というか、そもそもよく終わった)という声も聞かれた。まことに、『論理哲学論考』というのはそういう著作なのである。

を読むだけで、ゾクゾクする。

 

にしても、ウィトゲンシュタインは凄い。
序文で「問題は本質において最終的に解決された」と書いて、哲学問題のすべてを解いたと宣言してしまう。俺も「この記事をもってブログのあらゆる話題は、本質において最終的に解決された」とか言ってみたい。