おならっぷばーん

真夜中の異臭さわぎ

ミチオ君のゲージツ発表会

 

 

思えば古本のカバーは不思議だ。捨てられてもいいはずのものが、なぜか残っている。本の発行年度が古いほど、おもての擦れ、シミ、破れ、ヌレ、汚れがひどくなる。僕は傷んだカバーが嫌なので買ったそばから捨てるようにしている。中古でもカバーを外せば、ほとんど新品の手ざわりだ。古くてダサい装丁は見ないですむし、股間を掻きむしるインキンタムシの前任者の指さきとも間接的な接触をしないですむ。本の表紙から人の趣味を測ろうとする痴漢もこれで退治できる。ところが今度は自分で本が見つけにくい。裸のまま本を並べると、溶けて肌色の柱に変わってしまう。だるま落としでは実際の木がくり抜けないように、特定の一冊を探すとなると、のこを引いて柱を倒し、さらに輪切りにするような手間がかかる。それでも他人の金玉をなでるよかマシである。

世の中には、切った爪をビン詰めにしたり、ほじり出した鼻くそをプラケースに保管したり、あるいはもっとおぞましいものを溜めて、夜な夜な押入れからとり出してうっとりと眺める乙な趣味がある。僕も先にカバーを捨てると言ったが、実はビニール袋に入れて取ってあるのだ。

B1サイズのポスター額が余っていたので、カバーを切り貼りしてコラージュを作ろうと思う。僕の人生をうら返しにしたような空っぽの部屋のなかに、窓より高級な換気口を設けるのだ。

 

・・・

 

f:id:gmor:20170526161312j:image

(作業風景。『NHK新日本紀行』全5巻が、のり付けしたカバーをおさえる重しとして大活躍です。)

 

・・・

 

完成品がこちら

f:id:gmor:20170527215853j:image

f:id:gmor:20170526163401j:plain

人が見ておもしろいのか分からないが、自分では好物しかないレストランのメニューを見るようでワクワクする。デタラメな書き方で、お好み焼きのうえにうどんが重なったり、カレーのなかにアイスクリームが混ぜてあったりして、妙に想像をかき立てるところがある。油断してはいけない。見ようによっては、これは他人の陰嚢を30きれ余り、目いっぱい伸ばして貼りつけた人体標本でもある。おっさんのふぐりを頭上に見て寝る。下をみれば自分にもまたおっさんのふぐりがついている。ここがオセロの盤上だったら…。怖くて寝つけない日が続く。

 

 

 

変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする