読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おならっぷばーん

真夜中の異臭さわぎ

現実と技術の民主国家

 

「週末、彼女とディズニーランドに行ってきた」と疑問符ひとつ心に持たないで話す男にだけはなりたくない。ところが、口と肛門がつながった世界である。食料が肥料となり、肥料が食料になる。シャワー中に垂れ流したおしっこは、ろ過されて、再びシャワーから吹き出してくる。太陽を回る丸い地球、その上で展開される自然の円環。始点は終点である。相手を刺そうと伸ばした剣先が自分の背を貫く。なりたくない、なりたくないと遠ざければ、それだけ知らぬ間に後ろから近づいている。つまり僕は週末、彼女とディズニーランドに行ってきた。


「ぜんぜん行きたくないんでしょ?」
態度は顔に出る。
「高い金払って疲れるだけ。はじめから高級スパにでも行ったほうがまし」
「だったらやめる? イヤイヤ来た感じを出されると、こっちもイヤだから」
そう訊きながらやめるつもりはないのだ。ホテルを予約してチケットまで取ってある。不機嫌になれば、こちらが下手に出ることまで計算ずくなのである。
「せっかくだし行こうよ。イヤがってる人のほうが結局テンション上がって楽しむパターンかもしれないし」
「鎌倉かディズニーで、ディズニーがいいって言ったのはあんただからね。それに今度は前のシーのときみたいに早く帰るつもりないから」

僕は好きでディズニーを選んだわけじゃない。誰だって「ナイフで生きたまま皮を剥がされるか、両脚をつないだ2頭の牛をそれぞれ別方向へ走らせた勢いで股からぱくりと身体を引き裂かれるか。どちらかを選べ」と言われたら、本来は選択じたいを避けたい問題でも「じゃ牛で」と自分の処刑方法を決定できる。牛裂きが好きというより、マシな死にかただと思って選ぶのだ。僕がディズニーと答えたのは、愛らしいキャラクターに会えるからではなく、新幹線に乗る前に、秋葉原ブックオフに寄って帰れると思ったからである。

「早く帰らない」のひとことで出発前から具合が悪くなった。午前8時から午後10時まで、デパートの食料品売場のような息ぐるしい人混みのなか、いつ終わるともしれない列に並び、立ち、待ちつづける。待ったところで温かい豚汁がもらえるでもなし、電気じかけの人形を見たり、箱にのって3分間ぐらぐらと揺られるだけ。2時間待ってパンケーキを食べるのも随分おかしいが、1時間並んで怪物めがけて懐中電灯の光を当てる(モンスターズ・インク)というのは、いったい何事か。それなら乾いたゲロを道からぱりぱりと器用に剥がしてついばむカラスの食事をみるほうが、まだ楽しいアトラクションである。徒労ということばに形を与えるなら、ディズニーランドとそっくり同じものが出来上がるのではないか。ニヤニヤしていると、
「変なこと考えてるのは知ってる。いいから次いくよ」
と急かされる。表情ひとつで思いが伝わるなら、毎回ブログに顔写真を1枚載せて更新の代わりにしたいくらいである。顔面が文面よりまずいから文章を選んだだけのこと。イケメンに生まれたら、多くの女子読者を抱えるファッションブログを運営していたはずだ。現実はいつだって厳しい。

 

f:id:gmor:20170422151626j:image

高橋ヨシキの『暗黒ディズニー入門』を持参して、ディズニーランドの門をくぐった。汚い負けかたである。お父さんたちは、嫁と子どものために休日返上でくだらないままごとに付き合ってやっているという嫌気ひとつ顔に出さず、自分を殺して家族のカバン掛けになっている。僕も家庭があれば諦めがつくのかもしれないが、まだ身軽のうちは、ディズニーランドで遊ぶことの違和感、世界になじむことへの抵抗を大切にしたい。反抗とは、もっとも簡単な主体性の確立である。ヤンキーは、校則や法律に顔をそむけ、社会に対して自己を打ち立てる。暴走族のバリバリという音は青春を踏みつぶす音ではない。踏つぶされた彼らがもとに戻る音である。僕はディズニーランドにNOと言うことで自分の立場を明らかにしたい。

ゲーテは「すぐれたものを認めないことこそ野蛮である」と言った。僕は野蛮人か? ちがう。僕だってディズニーランドの素晴らしさを認める。それはアルバイト従業員にまで浸透したホスピタリティ精神、パフォーマンスの質の高さ、場内の徹底した衛生管理などではなく、帰り際、夢と魔法の王国の国事でへとへとに疲れた身体で見上げる退場門、つまり元いた世界の入場門をくぐるとき、実は現実こそが最高のアトラクションだったのだと気付かせてくれる点である。
暗い人波がずるずると出口へ向かう流れのなかで、
「ずっとこれに乗りたかったんだ」と言うと、
「え、もう帰るよ? なに、どういうこと?」
と不思議そうな顔をしていた。僕は話さなかった。まさかディズニーランドのもっとも楽しいスポットが、敷地の外にあったとは言えなかったのである。

 

f:id:gmor:20170422151640j:image

 

広告を非表示にする