読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おならっぷばーん

なにも考えずに、楽しむ

ルーク・スカイウォーカー

旅行帰りの両親にお土産をもらった。

期待して袋をあけると、

f:id:gmor:20160126192222j:plain

 

『フォースの覚醒』だ! 大好きな映画だ!

 

しかしよくよくみると、

f:id:gmor:20160126192342j:plain

 

ただの紙皿なんである。 

好きだ。たしかに好きだが、こんな毒々しいカラーの紙皿で、ごはんが食べられるほど好きじゃない。こんもり盛られた白米のすがたを想像すると、おっかない。この裏面をつかって食べたいぐらいだ。なぜ食器が白いのかよくわかった。

 

公開前、グッズ紹介のジョーク動画を見たことがある。

まさか自分が冗談みたいなお土産をもらうとは。

 

しかし、この手のヘンな商品は大量にあるわけで。

 

f:id:gmor:20160126203521j:plain
Star Wars Chop Sabers | ThinkGeek

(ちょっと欲しい)

 

むかし松本人志が、TV番組『好きなものの話』で「仮面ライダーシューズを買うやつの意味がわからない。仮面ライダーは、仮面ライダーシューズを履いていない」と力説していたのを思い出す。C-3POも、こんなセロテープ使わない。

『フォースの覚醒』の多色ボールペン(2,000円)をみたとき、買いそうになったが、すんでのところで「登場人物はこんなペンを使わないぞ」と自分に言い聞かせて我慢した。そんなこと言い出すと、映画で使用された撮影用の道具でさえ、私たちがみた劇中世界にあるホンモノではないわけで、グッズとはつねに虚構なのだと覚悟せねばならない。

ウソはウソでも気持ち良いものと悪いのがあって、紙皿は明らかに気持ち悪いほうだ。

 

 

 

 

 

 

 このキャンディーには負けるが…。

広告を非表示にする