姉ちゃんお茶せえへんか?

この記事を読んで。

kentaroupeace.hatenablog.com

 

コーヒーミーティングなるWebサービスがあるのを初めて知った。どうせ空いた時間にひとりでお茶するなら、知らない人と会話したらどうか?という発想だ。よく分かる。家にいて気がくさくさするときは、カフェに出て本を読んだり、ものを書いたりするが、マグカップに唇をつけて小休止するあいだ、ふと隣にいる人に話しかけたくなる瞬間がある。文庫本を開いていれば「どんな本読んでるんですか」、参考書とペンなら「なにを勉強しているんです」と尋ねたくなる。じゃまになると思って実際に訊くことはない。

偶然の出会いは偶然すぎるためにかえって厄介なところがある。そこに少しばかり必然性を用意してくれるのが、このサービスだ。いつも同じ友人と会って、いつも同じところに逢着する話ばかりするのに嫌気がさしていた折、ちょうどこれを見つけて飛びあがった。腐りかけのため池に水路を引いて中身を新たにするにはこの方法しかないと思った。しかし登録にはFacebookのアカウントが要るというではないか。他人の生活をのぞき見るためにやたらと時間を費やすこのFacebookというやつが、やるだけむなしくなって、ずいぶん前に辞めてしまった。今さらまた申請したりされたりの駆け引きをして「友達」を増やし、コーヒーミーティングの相手として信用にたるプロフィールを用意する手間を考えると、もう独りでコーヒーを啜っているほうが気楽だという風にすっかり考えが変わってしまった。

広告を非表示にする