おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

【食評】こおとこのすずぐち

お菓子のジャケ買いにも慣れてきた。そんなの誰も食わねーだろ!と思ってもらいたいので、見た目のインパクト(の無さ)は大事である。こまどりのすずやきは、そう、こまどりのすずやきという名前からして、現代風俗に見放された、もはや花鳥風月を愛でるし…

最近こんな本買いました

最近、お菓子を食べるか、ラジオトークでブツブツ独り言するおじさんになってきたので、そろそろブログ開設当初の理念「読書を通じて毎日をハッピーに!浅い読解と薄い人徳で、同じ愚者から少ない小遣い稼ぎ!」に立ち返って、ちゃんと本読んでるぞってこと…

【食評】時代遅れバンザイ!駄菓子バンザイ アベック奉天

駄菓子を勝手にことほいでいる。死語アベックに、時代がかった単語「奉天」を合わせた、妙なアベック熟語。朝シャン珈琲、おニャン子部落、5時から男の体内時計、PPAP文具店、なでしこジャパン人形、房中術ワンフィンガーでやるもよしツーフィンガーでやるも…

足元にNが揃えば人生は、んの先にあることば以上の。

街で目にする英文字はMとN。マクドナルドとニューバランスだ。男も女も風呂場でiを、鏡に映してXまで。上司の眉間にTを、パンの留め具にMを、荷車を押す老婆にKを、肥満児にBを、預金残高にOを、西洋人の顔にLを、軽自動車にSを、メンヘラの舌にWを、そよか…

【食評】きなこねじりは名前にひねりがない

三温糖は知らないが、二温より良く、四温に劣るとみて間違いない。寒くなったり暖かくなったりする気候を三寒四温というが、もと春先に精製される三寒醤油、四温糖から取られたというのはいま考えた作り話である。 家族の口にする食品に変なものが入ってない…

【Radiotalk】白竜・小沢仁志『顔で語るか、背中で語るか』で書評トーク!

おう?や、やってやろうじゃねえか。

【食評】ハデなようかん

食評第2弾は「かし原の塩羊かん」である。なんだろう、この大阪のオバハンのクローゼットをスケルトンにしたようなお菓子は。僕にも少なからず大阪のオバハンの血が流れているので、妙に惹かれるものがある。 そして、この塩(シオ)である。 文字の中心線を…

100個も書けるか!最近1番ハードなアウトプットだった「好きなところ100」

最低賃金で働くフリーターの窮状を知ってか知らずか、「もうすぐわたしの誕生日だけどプレゼントはいらないから手紙とかバースデーカードが欲しい。今までそういうの1回もくれたことないよね。家にいても、ああこの人はわたしのことを思ってくれてるんだなあ…

【食評】黒フー

食べものに興味がない。1日の栄養がとれる錠剤と、普通の3食があれば、僕は迷わずクスリを選ぶ。半熟たまごのハンバーグ。ナイフで突いたら粘着性の黄身の滝、とけたチーズが肉の岩肌からしみ出て、肉汁がクリームの三角州に虹色の石をばら撒く。そんなラン…

本の物神崇拝から逃れるために

丸谷才一は本をバラバラにして読む。 『思考のレッスン』にこんな話がある。 僕は本をフェティシズムの対象にするつもりはまったくない。美本を愛蔵するといったような趣味はまったくありません。だから、平気で本に書き込みするし、破る、一冊の本を読みや…

【Radiotalk】織田正吉『笑いとユーモア』で書評トーク!

おもしろくなりてーなぁ! 「そういえばJCVD計画ってどうなったんですかね?」って質問を、テクノカットさんから頂きました。 (テクノカットさんのブログはこちら) 回答は「お前らが松露を食わないのは正しい」を書いたときに、なかやまきんに君の画像を出…

人類最後のタクシーに乗る

彼女と京都を満喫した――なんて気の抜けた一文で始まるブログなぞ、私は死んでも書きたくない。人の旅行記は、それがしおり通りに進めば天気すら恨めしく、トラブル続きなら一の不幸を十にする語り口に興ざめ、事実の羅列は墓標でやれと言いたいし、食事内容…

お前らが松露を食わないのは正しい

スーパーのバイトで、この松露を品出ししてから、私はこいつの魅力にやられてしまった。松の露(つゆ)という風流な名前、古くさい字体、緑を基調とした地味なパッケージ、どうでもいい松の絵。 得体の知れない中身。しかしなんとなくチョコレート菓子のトリ…

あたらしい前歯に替えなくちゃ

君も例外ではないと思うが、私と前歯の付き合いは長い。 先日おかきを食べたら左の前歯が欠けた。ガリガリ音がして、噛み切れないおかきがあったので、ぷっと吐いたら白の欠けら。嫌な予感がして、舌で奥歯から順番に歯の状態を確認すると、前歯で切断面に触…

【Radiotalk】中山典之『囲碁の世界』でトーク!

ラジオトーク録りました。 人との会話はおろか、「くそ」「しね」以外の独り言すら喋らないので、ちゃんと声を出すのが重労働でした。日本の過重労働もここまできたかといった感じです。働き方改革で僕の声帯も見直してほしいと思いました。 さてこの本は、…

連続CSI未読事件

松岡はデスクの上へ反吐を戻しそうになった。寸でのところで苦い水を飲み込んだ彼は、画像のプリントを持ってきた清水にいきさつを尋ねた。「誰がやったんだ」「傾木道男。大阪住みの28歳フリーター。自称読書家です」「犯行日時は?」「ツイートは10月15日…

ドライブとダメ男の幸福論

人的交渉がわずらわしくて、ネット通販かセルフレジ完備のスーパーで買い物を済ませる。来月の給料日まで989円しかないので、おやつを買うのに親のクレジットカードを通している。親の臑骨とは、16ケタの番号が浮き彫りになった名刺大の板のことを言うのであ…

この喫茶店が怖い2018in大阪

ヤクザはどこにいるのか。 アウトレイジ、ミナミの帝王、実録安藤組外伝地獄道にはコワモテ役者の筋者が、警察24時にはモザイク処理をうけた本ものの暴力団が出てくる。街で小沢仁志、竹内力、白竜に会うことはない。現実の組員はこれぞヤクザという恰好を避…

言葉・狂気・エロス

言葉狂気エロス 最高のメニューだ。愛するものが3つも並んでいる。エビフライ・ハンバーグ・カニクリームコロッケのランチを想像してほしい。これが中古100円である。食べものの中古は食えない。前任者の歯がたが短い弧の連続を描いてエビフライを雲のかたち…

【Radiotalk】樺沢紫苑『アウトプット大全』は最低のアウトプットだ

樺沢紫苑(かばさわしおん)って超カバに似てるってばよ…ググってみ? 感想・質問・イタズラ質問箱(https://peing.net/ja/katamuki)へ

【Radiotalk】池上彰『わかりやすく〈伝える〉技術』でトーク!

やっぱ説明ってむずいっすわ 感想とか、この本やれとかあったら質問箱(https://peing.net/ja/katamuki)まで 次回は樺沢紫苑『アウトプット大全』やりますぺろぺろ

ぼくのえーえんなつやすみにっき

台風21号はすごかったです。 早朝バイトから帰って部屋に引きこもっていました。雨音をかき消すようにノリノリのキューバン・ジャズをかけながらドストエフスキーの『死の家の記録』を読みました。エフスキ君が自身のシベリア流刑生活をもとにして書いた刑務…

大人メンズに学ぶ秋の1色コーデ

本屋に地味すぎるおじさんがいた。カラフルな背表紙の前、背景にとけるどころか宇宙船のような立体感で迫る。ベージュのキャップ、グレーの作業着、ベージュのスラックス、ベージュのカバン、グレーの運動靴。上から下まで一切の色味を欠き、白黒映画の登場…

ポテチの皇帝インペリアルコンソメを食す

インペリアルなのか? 和牛、国産ほたて、伊勢えび…香味野菜に白ワイン…すごい! しかしすべては「ような」の一語に解体される。煮詰めた、のでなく煮詰めたような。シェフは一体なにをしているんだ。 開封の儀。 開けた瞬間、和牛と魚介の芳醇な香りがひろ…

読書中坐癖

はじめから本を紹介する目的で書かれた文章より、流れにのって参考図書の出るほうが購買意欲そそられる。 中島らもの『砂をつかんで立ち上がれ』から「そう。おれはシュールレアリスム青年だったのである。若い頃から三十過ぎまで、シュールレアリスムにぞっ…

ウエストポーチャー化

付録つき雑誌(ムックっていうの?)はじめて買った。 emmaちゃんみたいにピンクのアノラックパーカにウエストポーチを合わせて原宿を歩きたいワ。 ハーフ顔のモデルでも、ウエストポーチ(前)だと新聞の集金係にしか見えない。その殺装力おそるべし。 フッ…

【Radiotalk】広中平祐『学問の発見』について語ったよ!

(表紙の図。なにこれ? だれかおしえて偉い人) ひさびさに録りました。聞けばいいと思うよ! 質問箱(https://peing.net/ja/katamuki)あります匿名OKなので感想質問コメントなんでも送ってくれよ!(すでにいくつか質問等いただいております。順次回答す…

東横イン 朝食のエレジイ

大人なら泊まりがけで遊ぶとき贅沢するものである。僕は稼ぎの少ない半社会人、そこそこ良いホテルに泊まっても夕飯はコンビニ弁当のスパゲティというケチくさい家庭の教育が手伝って、東京へ出ても、ペニンシュラ、コンラッド、マンダリンオリエンタルとは…

【Radiotalk】2018年上半期おすすめ本はこれだ

先に発表しちゃうとアレなんで、くわしくは本篇にて! 質問箱(https://peing.net/ja/katamuki)ありまんねん匿名OKなので感想質問なんでも送ってくださーい!

まっは・ふらへひーの

スタバはふた月にいっぺん。今日はなんだかオシャレに決めたいぞ、と気が狂ったら入る。かたいイス、気取った客、コーヒー豆がモチーフのよくわからない絵、わからないコーヒー。人目で落ち着かず、ラーメン屋じゃないのに回転率が気になって長居もしにくい…