おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

財布を落として

20年ぶりに東京タワーに登る。 ところがここへ来るバスのなかで財布を失くしてしまい、展望を楽しむどころではなかった。 景色と点字の対応表に、高所と盲者の関係、実物と記号の不思議な結合を感じ、自分ならまっ暗闇にどう山や建物を置いて視るだろうかと…

ミニオン好きだけど嫌い、嫌いだけど好き

ディズニー、USJなんか死んでも行くか! 女子どもの遊び場だ。大体よ、目をらんらんと輝かせてハリボテの空想壁画に酔ったり、愛するキャラのグッズを病的なほど大量にじゃらつかせている連中とは一緒にされたくないんだ。人生が7回あるなら、ベーリング海で…

しゃべる書評第2弾。だって北杜夫の『高みの見物』

こりずに第2弾をアップしました。 書評は話すほうがラクだと思ったら、ぜんぜん違うよ! 聞いてくれよな! トーク「北杜夫『高みの見物』新潮文庫」

名前だけでも覚えて帰ってもらえたら嬉しいんですけどね

はじめて漫才ライブを見た。 NGK1階、ガラス張りのスタジオで祇園がラジオの生放送をしていた。僕はお笑い好きと言ってもTVしか見ないので、劇場メインに活動する若手芸人に暗く、祇園も知らなかったが、女子中高生がブースをとり囲み、祈るように手を組んで…

書評書くのめんどくさいからもう話す。だって徳川夢声の『話術』

お聞き苦しい点も多々ありますが、 録ったんで聞いてくだされ〜 トーク「徳川夢声『話術』新潮文庫」

IGO 一手先の男になるには

なにかと将棋の影に隠れがちな囲碁。 ウンウン頭をひねって闘うくらいなら指相撲で勝負したほうが早いと思う人間なので、どっちもやらないが、それでも将棋のルールは知っている。囲碁は知らない。将棋とくらべると、ややこしそうなイメージがある。 新大阪…

ガシガシ書くための『ダイソーゲルインクボールペン』

アイホン

しつこい勧誘や悪徳セールスだって撃退できる。 そう、アイホンならね。 *** なに教とは明言しないまでも、インターホン越しに神のありがたみを伝えるオバちゃんがやってきた。「ポストに冊子を入れておきましたのでご覧になってください」と言い残し、こ…

ご出席・ご欠席(どちらかを○で囲んで下さい)

未婚の男は式場で、この新郎のように似合わぬタキシードを着せられて、友人、同僚、上司、親族の大勢並ぶ目の前で、何度も何度も形式的な口上を述べねばならぬ儀式の役割を、自分が引き受けられるかと考え、絶句するものである。女子は、壇上の花嫁と自分を…

【ブックオフ】ウルトラセールで買った品々

なるべく空いてる時間に、と思って朝一番に行ったのですが、いままで見たこともないくらい混んでました。通路を進むのに半身になったり、しゃがんだり、ジャンプしたり、頭上のロープにつかまって対岸へ渡ったり、大変な体力を使います。 僕はスーパーでバイ…

読者100人突破。

童貞を捨てたその日に友人へ報告しましたか。それとも後日の質問でしれっと答えたでしょうか。3ケタになった瞬間に更新するのもカッコ悪いので、書くのを我慢してました。 こんな訳のわからない雑記ブログで100人なんかいく日が来るのかと思ってましたが、い…

自称文章フェチが丸谷才一を読まないのはちよつとをかしい

今回は皆さんに丸谷才一『低空飛行』を紹介したい。 1970年代に書かれた古いエッセイだ。 中身より気になつたのが、巻末の注意書きである。 何行か拾つて読んでほしい。 ふつう、ここは編集部が古い内容の再録にあたつて、「今日の人権感覚に照らして不適切…

東京なんでもない写真館

所用で大都会東京いってました。 渋谷だ、新宿だ、テレビによく出る駅前に立つと、初めてじゃないのにすごい興奮する。ありきたりな観光客の感想は恥ずかしいけど、そう思うものは仕方ない。 入るコンビニでかならず外国人店員が働いていることに驚く。こっ…

【JCVD化計画】第3章 穿けないスキニー

筋トレ3ヶ月目の結果報告です。 ________ 【JCVD化計画】書店で『筋トレが最強のソリューションである』という本を見つけた。買いたいが手持ちの金がない。そんな問題を、ぼくは家に帰って筋トレすることで解決した。序章 終わりの始まり第1章 見え…

なんでやねん久世福商店

「食べる、だし醤油」 いいですね。 これはわかります。 でも、 「食べる、すき焼き」 いや「投げる、すき焼き」なら意外やけど、 すき焼きってもともと食べるから!! みたいなことを試食をすすめる店員さんに言ったら、 「はあ?」みたいな顔されました。 …

【書評】たきせあきひこ『上級ナンプレ252題 5月号』

絵画や造形をひっくるめたアートシーンが抽象主義、頭のなかで組み合わせた概念の配置を視て、美的な感動を得るようなコンセプチュアルな方向に流れて久しいですが、文学の世界もここまできたか、といった感じです。 1ページ1話完結の短篇集です。1話に1時間…

青春の解体

ひさびさのバイク整備で、高校生の自分がカッコイイと思ってつけたパーツと向き合っている。恥ずかしい。直視にたえぬ過去をうらおもてから眺めまわして、思い出にネジ山を見つける。 不良にあこがれた田舎の原付少年団が、ちょっとでも悪く見られたい一心で…

減塩しおの不思議

これをみたとき「?」がとまらなかった。 減塩しおってなんだ。塩を減らしたら、肝腎のしおが残らないじゃないか! 空腹で「1本満足バー」を2本買ってしまったときの矛盾感である。成功のマインドを教えてくれる先生が、事業で成功しているようにみえないと…

ルールは破るためにあるんだ!

ラヴホテルの入り口で瞑想する仏像をみた。 手にはモンスターエナジーのロゴマーク。 落ち着かせたいのか、やる気にさせたいのかどっちだ。 ふと仏教の戒律が頭をよぎる。 佐々木閑・宮崎哲弥『ごまかさない仏教』新潮選書, p261. 酒を飲み、アメニティを盗…

こんな本買いました

買ってきた本を紹介するよ。 平田雅哉『大工一代』 死んでしまえばなにも無い。 後は仕事が物をいう。 か、かっけー。 大工のはなしを聞き書きした本だよ。 「本文中にはチンバ、片輪、血筋がよくない、盲千人、奇形といった現代では使うべきではない差別語…

執筆のスタイル

人がどうやってブログ書いてるか気になりますよね。 今回は僕のやり方を紹介します。 コーヒーをいれる 早朝バイトを終えて昼寝したあとに書き始めることが多いので、頭を回すためにカフェイン(カップ3杯ぶん)を注入します。茶色の水を消化して、ペンの黒…

リズムの生活

生活は無音である。 ライブに行ったり、グッズを買ったり、新譜をチェックしたり、握手会に参加したり、チェキを撮ったり、サイン色紙を売買したり、使用済みコスチュームを落札したことはない。唯一の音楽関連グッズは、ビートルズのTシャツだ。ユニクロで…

モット・クリエイティブニナリティ

人の大きさは、憂うつの差。 偉大な哲学者は、宇宙の存在に悩み、崇高な宗教家は、人類の救済に身を砕く。卑小な哲学者は、丸めたアルミホイルが燃えるゴミかどうか考え、低俗な宗教家は、女の世話と金の勘定に忙しい。 僕を悩ませるのは、片方消えた靴下、…

KIX

大人になると色褪せて見えるものがある。 関空のピンクがそうだ。 出国時には応援の旗。帰国時は疲れと酔いをときほぐす保養のタオル。幼い網膜には映らなかった煩瑣な手続きのいろいろ、待たせ待たされる列のあれこれ、不安心配ごとのもろもろが見えてくる…

あーあこんなに濡れちゃって

ゴム越しの水道が好き 手の甲に雲の感触 ビシャビシャなのに濡れない不思議 しとしとおつゆが染みない仕切り 無敵 これが皮になればと思う 百の感覚を失っても 詩と絵 美大志望の予備校生みたいになってきた 彼らのブログをみたら 片手間のデッサンが写真み…

【JCVD化計画】第2章 割れない腹筋

筋トレ2ヶ月目の成果発表です。 ________ 【JCVD化計画】ジャン・クロード・ヴァンダム(JCVD)になるべく体を鍛え始めた男は、もはや憧れの気持ちを失い、今やアーノルド・シュワルツェネッガーになりたいのであった。しかし今さらプロジェクトは変…

風呂場の読書っていいよね

『風呂場で本を読む男』 (ずっとチ●コが描きたかった。皮ふ感、しわ、色味、毛穴、血管をぜんぶ見せたかった。でも大人に怒られて、ここを追い出されると思ったから、アートという名目で自分の欲望をこっそり解放することにしたんだ。ウィキペディアだって…

【好きな作家】開高健

開高健(1930-1989) わたしが思うに、旅の秘訣は地面に近く暮らすことにある。庶民の中に入っていく。魚のように泳ぐ。市場へ行く。女を買う。市場(メルカード)と売春(ボワチ)宿。これがわたしは人生の大学だと思う。東大卒だの、早稲田卒だの、全部捨…

お知らせ

本日の更新は、へそのイラストをもって代えさせていただきます。 ご閲覧ありがとうございました。

こんな本買いました

【先月の】 今月もブックオフ行った。 18冊。(ハヤカワ・ノンフィクションっていいよね…) 毎回こんな同業者(いい歳のフリーター、無職っぽい男達。毎日の洗顔と洗髪を免れた幸福な人びと)を見たと報告してきたが、きょうは人物が不在であった。「このネ…