おならっぷばーん

You can't fart without changing the balance in the universe.

【食評】こおとこのすずぐち

f:id:gmor:20181207171644j:image

お菓子のジャケ買いにも慣れてきた。そんなの誰も食わねーだろ!と思ってもらいたいので、見た目のインパクト(の無さ)は大事である。こまどりのすずやきは、そう、こまどりのすずやきという名前からして、現代風俗に見放された、もはや花鳥風月を愛でるしか消日の趣味がないクソジジイの世界観が反映されている。バタークッキー、ホワイトラングドシャといった軟派文学の専門用語、女子供が休み休み口にするおやつとは売り場が違うのである。この一口に感謝である。胃腸のはたらきにありがとう。入れ歯の技工士ありがとう。膏薬ひと塗りありがとう。「オレオレ」息子にありがとう、床下の不要なリフォームありがとう、である。

 

 

 

f:id:gmor:20181207171600j:image

保存料・着色料を一切使用していない。

 

 

 

f:id:gmor:20181207171528j:image

それに名誉総裁賞を受けている。
同賞があてにならぬのは、松露のときに学んだことだ。

 

 

 

f:id:gmor:20181207171653j:image

ふつうなら、
「保存料・着色料不使用」
「名誉総裁賞受賞」
と書き込んで、売上につなげたいところを、ベタ塗りの一枚絵で勝負する潔さ、媚びない姿勢、「情報料・訴求材一切不使用」の冷たい熱意がこもる影絵の美学。その枯淡にして老獪なわざに魅せられる。人と違うものを食べて、どうにか凡人視を免れたい、僕のような若造は、この稚拙とも洗練ともとれる演出に、マーケティングの論理が幅を利かせた現代駄菓子界への反骨を読みとって、闘志に共鳴し、シンパとなるのであった。イラストは平和とやすらぎの色ではなく、血と革命の旗である。

 

 

 

f:id:gmor:20181207171532j:image

ここウマそうに撮れたら僕の仕事は終わりです。

 

 

f:id:gmor:20181207171556j:image

これはどうみても、アレじゃないか?
男性諸君が朝晩トイレで対面するアレだ。鈴口って言うぐらいだから、たしかに鈴と似ているのだ。こまどりのすずやきは、こおとこのすずぐちであったか。

 

 

 

f:id:gmor:20181207171536j:image

あそこがキュッとなるのは僕だけだろうか…。

舌でそのテクスチャをあらためると、一見ザラザラに見えるが、表面は重層扁平上皮に覆われており、頬の内側のようにすべすべしている。においはない。開高健に言わせると「闇のなかで、鼻と舌で、小さな芽をまさぐった。なじみ深いおしっこの塩辛い味が舌にき、野卑な匂いが鼻にむっときた。野卑は一瞬か、二瞬、耐えると、親しさにかわった」ロマネ・コンティ・一九三五年』――こっちは女の芽じゃなく男のどんぐり(glans)を相手にしているが、同じ器官に同じ粘液線で風味は一緒である。すずやきの先端にブスッと歯を入れると、桃の皮がはじけるように、うす皮がプチッと破れ、なかの尿道海綿体に充満した赤い砂糖がしとどに溢れだし、口が甘みでいっぱいになる。縦横に走る繊維が空気と唾液と血液とを含み、洗い場のスポンジのような食感を生み出している。さすが昔ながらの製法を守っているだけある。ほかのお菓子に含まれがちな陰茎筋膜・浅陰茎筋膜を一切使用しないこだわりで、ふつうの陰茎体では得られない尿道海綿体特有の味を実現しているのだ。雑味がない。というか味がほとんどなく、酸っぱくない梅干しを口のなかでグチャグチャとつぶしているような歯ごたえだけが残る。子供の頃、近所のおじさんに誘われて口に含んだすずやきの味がよみがえる。それは懐かしの記憶、にじいろのかがやき。

 

最近こんな本買いました

f:id:gmor:20181206131344j:image

最近、お菓子を食べるか、ラジオトークでブツブツ独り言するおじさんになってきたので、そろそろブログ開設当初の理念「読書を通じて毎日をハッピーに!浅い読解と薄い人徳で、同じ愚者から少ない小遣い稼ぎ!」に立ち返って、ちゃんと本読んでるぞってことをアピールしておきたい。

インスタに載せたものと重複するけど、細かいことは言わないで。本屋で見つけた本、アマゾンで頼んだ本、ブックオフで買った本のどれがどれか自分でも分からないくらい錯乱してて、撮ってから「これ前に載せたやつだ」って気付いた。でもそういうこともあるよね。何が何だか分からない本の洪水に飲まれる状況も本好きとしては嬉しいわけで。

 

 

 

f:id:gmor:20181206131134j:image

司馬遼太郎の小説は読んだことないニワカなんだけど(日本史というか歴史一般が苦手なので『竜馬がゆく』と言われても、どこへ?と思う)、『ビジネスエリートの新論語』って本をたまたま新書コーナーで見て、僕はビジネスマンでもエリートでもないけど、立ち読みしたら、その文章のうまさにやられた。

 

拘束一日八時間、それは人生の持時間から月給のために割かれた灰色の時間だ、とまではいいすぎかもしれないが、サラリーマンの職業柄、その八時間はたいていの場合、人生する者として、ワクワクするほどの脈動に満ちた時間であるとは、残念ながらいい切りにくいようだ。…リズムのない単調な音響の連続、それがサラリーマンという生物の足音であり、その一日一日を総和したものが、サラリーマンのもつ人生の音というものだが、練達のサラリーマンなら、永い習性でみずからの音感を削ぎおとし、音律の絶えた地獄のような音響世界に堪えてゆける。
『ビジネスエリートの新論語』文春新書 p.66

 

サラリーマンの経験がない僕からすると、なんともわびしく、そして渋い幸福に満ちた世界だな、と思うんだけど、社会人の皆様はウンウンとうなづかれるのだろうか。この本は、まだ司馬遼太郎福田定一だった頃で、激務の新聞記者をやりながら小説書いて売れて、作家として出世したんだからすごいよね。

 

 

 

ブックオフで『司馬遼太郎の考えたこと』を見つけたとき、へんな独占欲が出て、買い占めてしまった。揃ってるとついつい買っちゃうよね。

 

f:id:gmor:20181206131140j:image

でも、よく見たら全15巻。
全然足りへんやん。おかしいと思ったんだよね。たしか前に見たときは5巻まであった気がしたのに。しかし5巻だけ買って帰るかね? どうせなら全部買ってくれよ! 4巻までとかすげー中途半端でいやだわ…w

 

 

 

f:id:gmor:20181206131146j:image

オーケンの新しめのエッセイ(初出2014)中村佑介のイラストが雰囲気盛り上げてくれると思ったら、カスヤナガトって方でした。画風がすごく似てるというか、似すぎじゃないかとヒヤヒヤする。カバーのツルツルした手触りが嫌いな裸本派ですが、これはちゃんと剥がさず置いてます。ライトエッセイは、見た目からの印象づくりも大事だからねw

オーケンは適当に書いてるように見えて実はめちゃ文章うまいし、文章以上のエモーショナルななにかを掴まえる目と心と表現力がある。一番好きなのは『行きそで行かないとこへ行こう』の「ホモ映画館の中では」。お笑いルポ風のエッセイかと思いきや、短編小説の感動ですよ。これ読んだときに一気にオーケンのファンになりました。軽いのに深い、優しい語り口に人生の深淵がのぞいているってのは、エッセイの理想だよね。それにくらべて重いのに浅いってのが、僕みたいな深刻ぶる=なにか重大なことに関わっていると考えがちな雰囲気ブロガーの短所です。

 

 

 

f:id:gmor:20181206131405j:image

安部公房開高健は、なかなか108円の棚にないので、見つけたらとにかく押さえる構え。

安部公房は、面白いの分かってるんだけど、読むのに体力いるから、本棚にあっても敬遠しがちっていうね。毎回悪夢を見るようで辛いんだもの。でも今日はめちゃくちゃにされたい…って日にはうってつけだよねw 一番好きなのは『方舟さくら丸』。自分の糞食で生きるユープケッチャという架空の昆虫がモチーフの小説で、世界の破滅が来ると信じる男が、洞窟にシェルター(=ノアの方舟的なもの)を作って、新たな人類再生にふさわしい人間をスカウトしていく…っていう話。書いてても訳わかんないけど、いまでも小説世界の人物たちがどこかで生きてるって想像すると、ゾッとするんだよね。

開高健は詩的な散文にしびれる。女と酒と料理の描写はすごすぎて何言ってんのか分かんないレベルw たまに【食評】の記事で真似してみるけど、近づけやしねえです。

 

 

 

f:id:gmor:20181206131155j:image

名前がいいよね、『笑府』。
中国の古い笑い話を集めたくだらない本。

新婚の初夜、中に入れると、嫁が、
「よくない」
という。婿が、
「ぬいてしまおうか」
というと、やはりまた、
「よくない」
という。婿が、
「ではどうすればよい」ときくと、
「入れたり出したりして欲しいの」

なんじゃそれっていうね…。
中に入れると、ってそんな言い方ないだろw
世の中はM1で騒いでいますが、僕はひっそり笑府に向き合いますよ。

 

 

 

f:id:gmor:20181206131152j:image

仏教とか哲学より、麻薬のほうが楽しめるよ。ほらおじさんと一緒にお医者さんごっこで気持ちよくなろうよ。

いや、でも麻薬ってほんと興味深いよね(いい意味で)。僕たちは感官が伝える情報、つまりふつうに感じられるなにかを統合して、どうやら確からしい現実感=世界としているわけだけど、薬をつかって脳の神経伝達物質の入出力を加減してやると、ミュージックプレイヤーのイコライザーのように、現実だと思ったものが歪曲されて新たな世界として立ち上がってくるわけでしょう? それってすごいよね…w

茂木健一郎が若者向けの啓発書で「幸せはドーパミンの総量で決まる」と言ってたけど、それでいくと、覚醒剤をバリバリに決めてるヤクザの女が世界で一番幸せな人ということになるよね。たしかに最大瞬間風速的には幸せの頂点を叩くかもしれないけど、長い目で見たら不幸でしかないという、これもまた人生にありがちな教訓のひとつですわな。

戦中、レッドブル的なノリで流行したヒロポン。この「ヒロポンの語源は、ギリシャ語の"philoponos"で、『仕事を好む』という意味である」って面白いよねw 勤勉な日本人にはぴったりの商品ですよ。今日ご紹介するのは、こちら! 今日も残業つらいなあ、明日もまた朝早いのに、と仕事でお悩みのサラリーマンのあなたに、どんな疲れも一瞬のうちに吹きとばすヒロポン! 今ならポンちゃん人形もついてくる!

ミュージシャンにしろ作家にしろ、はかない一瞬の到達のために、あとの人生を余事象として切り捨てる破滅的な生き方も、まねできないという意味であこがれるんだな。「私は麻薬を使わない。私自身が麻薬だからだ」と言ったのは、サルバドール・ダリだったっけ? 麻薬にはなれないけど、葛根湯くらいにはなりたいな。

葛根湯に含まれる麻黄、麻黄から単離したエフェドリンを操作して、デソキシエフェドリンが得られる。これがメタンフェタミン、すなわち覚醒剤である。

コエーよ! もう僕グリコでいいです。